左義長まつり:華麗に、春色満開 “練る芸術”13基--近江八幡 

 「チョウヤレ、マッセマッセ」--。掛け声も勇ましく、派手な衣装の若者が赤紙をなびかせて左義長(山車)を担いで町を練る近江八幡市の「左義長まつり」(国選択無形民俗文化財)が同市宮内町の日牟禮(ひむれ)八幡宮で16日、始まったnike シューズ

 織田信長が安土城下で始め、自らも派手な衣装で踊り出たと伝わる。きらびやかな左義長は高さ約7メートル。13の奉納町の若者が青竹やワラなどを使い、3カ月かけてこしらえた。松明の正面に山海の珍味で作った今年の干支(えと)の巳(み)などの飾りモノが施され、この山車飾りは超一級の芸術品。
 左義長まつりが湖国の春の扉を開くといわれる伝統の祭り。今年は珍しく春らんまんを思わせる好天に恵まれ、観光客らは青空の下、天下の奇祭に酔いしれた。
 境内では左義長ダシコンクールの審査も行われた。午後2時、打ち上げ花火を合図に左義長13基が出発し、掛け声を響かせながら町内を練り回った。
 17日は午前10時半から再び若者が左義長を担ぐ。ケンカと称する激しいぶつかり合いなどを演じた後、午後8時、左義長に一斉に火が放たれクシューズナイキ
ライマックスを迎える。【斎藤和夫】
 ◆第62回左義長ダシコンクール審査結果(近江八幡左義長保存会主催、毎日新聞大津支局後援)
 優勝・毎日新ナイキシューズ
聞社賞=第十一区(昇運白蛇の軌跡)▽準優勝=宮内町(故郷)▽第3位=為心町(月下に舞う近江美人)。優勝、準優勝の町には毎日新聞社から優勝旗、準優勝旗と賞状が贈られた。
3月17日朝刊


  1. 2013/03/18(月) 21:08:52|
  2. 未分类
  3. | 引用:0
  4. | 留言:0
<<インターンシップ:「島の人たちの何気ない優しさが魅力だ」 大学生が体験報告会、交流や空き家調査発表--六島  | 主页 | スナメリシンポジウム:研究成果を発表 100人が耳傾ける--下関 >>

留言

发表留言


只对管理员显示

引用

引用 URL
http://nikemenshoes.blog.fc2blog.us/tb.php/4-07faa39e
引用此文章(FC2博客用户)